ガツンとくるやつ、ください。

観た映画の感想とか考察とか。

バハールの涙

 

バハールの涙 [DVD]

バハールの涙 [DVD]

 

バハールの涙 (2018年 フランス) Les Filles du Soleil


イラククルド人自治区で IS(イスラミックステート)と戦う女性武装部隊のリーダーと、彼女たちを取材する隻眼の女性ジャーナリストの ”紛争地域でたたかうお母さん” 物語。

*********************

2014年8月3日、ISの戦闘部隊がイラク北部のシンジャルに大量虐殺目的で侵攻。男性はその場で殺害、女性は性奴隷として売買され、子供たちはIS戦闘員の養成所へ強制的に入れられました。
そんな過酷な状況の中、泣き寝入りよりISと戦うことを選んだ女たちは銃を取り、女性武装部隊として最前線に身を投じます。拉致された我が子を取り戻すために、また自らの尊厳のために。

本作は、エバ・ユッソン監督が自らイラクで取材した彼女たちをモデルに、女性武装部隊のリーダーであるバハールと、彼女たちを取材する戦場記者マチルドという二人の女性の視点で ”母親として、また女として” それぞれの生きざまをリアルに描き出します。

バハールを演じたゴルシフテ・ファラハニ、 “世界で最も美しい顔100人” トップの常連というだけあって、砂埃にまみれた顔も超美しい。何とも羨ましい限りであります。意志の強さを秘めた眼差しも印象深かったですね。
本作ではバハール率いる数人の女性部隊だけが描かれましたが、実は中東地域の戦場には彼女たちと同じ境遇の女戦士がたくさんいるわけです。それが現実です。

母は強しと言いますが、わたしが思うに母親というのは文字通り強いわけではなくて、我が子のために強くあらねばと無理をする(もしくは無理ができる)ほどの堅固な意志を持っている、ということだと思います。強いから何でもやれるわけではありません。
そんな母親たちの頬をつたうのが辛く悲しい涙ではなく、喜びと安堵の涙であってほしいと願います。