ガツンとくるやつ、ください。

観た映画の感想とか考察とか。

ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜

 

ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜 (2017年 アメリカ) Stronger


2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件によって両足を失ったジェフ・ボーマンの伝記映画。
たまたま約束を守ったらえらい目にあいました。

*********************

これ、伝記映画なので極端なデフォルメはされていないという前提で、失礼を承知で言いますけどもね。
「あんたら家族そろってダメだな!!」(カミナリのコント風に)

いやもう家族どころか親戚一同おかしいです。あれじゃあ無責任を絵に描いたようないいかげんな大人に育つのも無理はない。たぶん観た人の多くは同じことを思ったんじゃないでしょうかね。
仕事で失敗して悪びれもせずアホみたいな言い訳して後始末もしないし、他人が尻拭いしてくれてラッキー♪みたいな顔しやがってコノヤロウ。
それをジェイク・ギレンホールがやるんですからそりゃもうイライラします。クズのダメ人間を演じさせたらピカイチですねあの人は(ほめてますよ)。

それにしても事件後のジェイクの姿がすごくリアルで痛々しくて、あの足はどうやって撮ってるのかと思いましたけれど、たぶんCGで消してるんですよね。すごいなあ。
義足で歩くとこなんかも動きをよく研究したんだろうなあと感心します。

この映画はジェフさんの人間的成長の物語でもあり、勇気と不屈の闘志の物語でもあり、彼女との愛の物語でもあり、また親離れ子離れの物語でもあり・・・ と実にいろんな要素が詰まった伝記映画であります。
そして何より、人の心に寄り添うとはどういうことかを教えてくれるお話であります。

アメリカン・スナイパー』でもそうでしたが、世間が英雄だと賞賛しもてはやしても、当の本人はPTSDで苦しんでいて、そっとしておいてほしいと思っているかもしれません。それを訴えたくても周囲に遠慮して言えないでいるかもしれません。
本作で言えば母親こそまずそこに気づいてあげるべき人なのが、完全に浮かれポンチですのでどうにもなりません。アル中も治せよ。
そのぶん彼女がしっかりした人で本当に良かった。ようまたあんな男と一族郎党の中に飛び込んだもんだと思いましたけれど、それだけ愛も強かったんですねえ。わしゃ無理だがね。

というわけで、なんだかんだ言ってもお二人の幸せを願うばかりであります。お子ちゃんも元気かしら。ラストでご本人たちの写真も出るよ。
ボストンマラソン爆弾テロ事件を一警官の視点で描いた『パトリオット・デイ』(マーク・ウォールバーグ主演) も併せてご覧になるとなおよろしいかと思います。